【検証】一本勝ちの運用成績を完全公開 MT4のトレード履歴のスクショ付き

運用報告アイキャッチ

市販のEAなんてホンマに勝てるの?
と疑っている人、多いと思います。
稼げるみたいだけど、本当に稼げるのかわからない。
自分が買って稼げなかったらどうしよう。と心配な人は多いと思います。

そこで、僕が人柱となって実際の運用成績を実際に見てもらって
市販のEAでも勝てるやん!と感じてもらう為の記事です。

ゴゴジャンのEA:一本勝ちを管理人の”ゆとり”が実際に自腹で運用して、
どれくい稼げるかを検証して公開します。

嘘、偽りは一切なしで、MT4の運用トレードの履歴のスクショを貼り付けておきます。

もし損失出しまくってたら、笑って下さい。

実は運用成績を公開する事は、僕にとってもメリットがあります。
調子に乗って取引数を増やしすぎる事を防止できます。人に報告すると思うと、無謀な取引で退場してしまってはどうにも格好がつきません。
ちょっと稼ぐと、もっと大きく稼ごうと欲が出るのが人間です。
ついつい取引数を大きく増やしたくなるものですが、運用の報告をすると思うとブレーキがかかります。
「リスクを取りすぎていないかどうか?」を自問しながら取引量を決めましょう。

 

環境

僕の取引環境

たまたま口座に4.1万円入っていたので、これでスタートします。

一本勝ちの設定

僕の一本勝ちの設定

  • ロット数:毎週末に増やしてます。(0.3Lotからスタート)
  • 複利運用:なし
  • その他パラメータ:デフォルト

複利運用はオフにしています。
複利運用にすると、負けた時に大きなLotで取引して、勝つ時に小さなロットで取引する事になってしまいます。
長期的に運用すると、これは運用成績を下げる要因となります。

とは言っても、複利効果のメリットは受けれるように、毎週末に口座残高に応じてLot数を手動で変更しています。

 

1ヶ月目(2018年6月)の成績

口座残高:5.4万円
損益合計:+1.3万円
累計損益:+1.3万円

今月は安定して勝てました。
久しぶりに運用をしたので、6月の第一週は様子見としてLot数を0.11で運用してみましたが順調なスタートを見せてくれました。

4万円で運用をスタートするなら、0.3Lotくらいが安全かと思います。
0.3Lotで取引した時の最大損失は、2.4万円です。口座残高は、1.6万円になってしまいますが、これならこのままトレードを続ける事ができます。
一度退場すると、FXを辞めたくなりますが、長期的に取引してトータルでプラスを目指すのがFXの自動売買です。一度負けても、また再チャレンジできるLot数で取引する事が大切です。

今月は最終的にプラス1.3万円となりました。
後半、調子にのってLot数を上げていますが、結果オーライです。

2ヶ月目(2018年7月)の成績

口座残高:6.2万円
損益合計:+0.7万円
累計損益:+2.0万円
201807一本勝ち運用成績
今月も順調に勝ちました。前半は負けも発生していますが、負け額が小さいのですぐに取り返しています。
後半に収益を伸ばしています。

来月からは、0.4Lotで運用します。最大負け額が、3.2万円なので、もし発生しても、立ち直れます。

3ヶ月目(2018年8月)の成績

口座残高:6.1万円
損益合計:-0.06万円

累計損益:+1.9万円

今月は微妙に負けました。まぁたまにはこんな事もあるでしょう。累計の損益はまだまだプラス圏内です。
このままのロット数で来月も行きます。

4ヶ月目(2018年9月)の成績

口座残高:6.4万円
損益合計:+0.3万円
累計損益:+2.1万円
今月は勝ちました。もっとドカっと勝ちたいですね。
入金してロット数増やそうかという気にもなってます。

5ヶ月目(2018年10月)の成績

口座残高:10.9万円
損益合計:+4.5万円
累計損益:+6.6万円

今月は大きく勝ちました。
ちょっと無理してLot数を0.7に増やした所、3.3万円勝ちました。
そのまま調子に乗って、Lot数を1.0にしたらまた2.7万円勝ちました。

その結果、ついに口座残高が10万円を超えました。
来月はこのままのLot数を維持して着実に口座残高を増やして行きたいと思います。
今まではギャンブル的にお金を増やしてきましたが
少し守りを固めて安定した運用スタイルに徐々に変更していきます。

今月は米国の金利上昇とトランプさんの過激な動向により、リスク回避の流れから米国株がめちゃくちゃ荒れています。
とにかくハイテク株がダダ下がりです。

しかし、FXの自動売買はそんな市場動向に関係なく放置しておくだけで稼げます。
むしろ相場が荒れているほうが、為替の動きが活発になるので
エントリーが増えて稼ぎやすいです。
このまま安心して来月も運営したいと思います。

6ヶ月目(2018年11月)の成績

口座残高:17.0万円
損益合計:+6.1万円
累計損益:+12.7万円


先月末にロット数量を1.0にしてから、順調に稼いでくれています。
月に6万円も稼げるとかなり嬉しいですね。運用成績の公開を始めて半年経ちましたが、稼いだ額に応じて取引数量を多くしてきたので、ますます稼げるようになってきました。
まさに複利の力です。
累計損益も12万円を超えました。

来月もこのまま順調に稼ぎたいですね。

7ヶ月目(2018年12月)の成績

口座残高:12.2万円
損益合計:-4.8万円
累計損益:+7.9万円
今月は結構負けました。久々の負けですね。
同時に運用しているWhite Bear Z USDJPYも負けたので、辛いですね。
まぁしかし、口座残高はまだ10万円以上あります。こうやって負けた後でも、Lot数を減らさずに淡々と投資する事が大切です。
ビビってLot数を減らすと、大きく負けて、小さく勝つ取引をする事になります。
相場の地合いが悪いと思ったら、無理せずEAを停止させて休みましょう。

8ヶ月目(2019年1月)の成績

口座残高:12.8万円
損益合計:+0.6万円
累計損益:+8.5万円EA一本勝ちの2019年1月の運用成績
今月は微妙に負けました。
月末までは順調だったんですが、最後に大きく負けましたね。
来月の上旬は運用の停止をして様子見します。

しばらくフォワードテストの様子を見ていますが、大きく負ける時があるのでしばらく運用を停止します。

一本勝ちの評価

同時に複数のポジションを持たないタイプのEAなので、損失が大きくならないのがいいです。
最大損失が大きくなりにくいので、口座残高に対してロット数を多くする事が出来ます。
つまり、資金の運用効率がいいので、お金が増えるスピードが早いEAと言えます。

ゴゴジャン(fx-on)でのフォワードテストも右肩上がりなので、これからも主力として運用して行きたいと思います。

ちなみに、一本勝ちの販売価格は5万円です。
EAの自動売買を始めると数ヶ月で元は取れますが、
それでも、初めて自動売買をする人がいきなり5万円のEAを買うのは勇気がいるかもしれません。

そんな人にはスタンダード版がおすすめです。
スタンダード版は3.5万円で、通常版よりも安くい値段設定になっています。
その理由は、複利運用機能が使えないように機能制限されているからです。

僕は機能制限の無いバージョンの一本勝ちを持っているのですが、複利機能を使っていません。
というのは、週末に自分でロット数を計算して増やしているので、
週単位で複利運用ができるからです。

EAの複利機能を使わないのであれば、3.5万円のスタンダード版で十分です。

5 件のコメント

  • こんにちは。
    MT4の自動取引に興味があり、拝読させていただきました。
    2017年の中旬から一本勝ちを運用されているようですが、現在までのトータル収支はいかほどでしょうか?

  • この記事のトータル収益と思ってくだい。
    2017年後半に、ロットを大きくしすぎて最低証拠金維持率を下回り、ロスカットされました。
    これで稼いだ分がパーです。
    含み損が出た状態てすぐにロスカットされるようなLot数で取引していると
    ゴゴジャンのフォワードテストよりも負ける確率が高くなります。
    適正なLot数で運用することが、自動売買のミソと理解して、この記事で再起しました。
    今後の運用成績報告を楽しみして下さい。

  • ゆとりさん、こんにちは。以前別の記事でコメントさせていただいたものです(記事は消えてしまった?)

    Xmの口座にはスタンダード、マイクロ、zeroの設定がありますが、マイクロを選ばれた理由はなんでしょうか?
    海外fx口座に興味があり、xmで開設しようと考えております。

    • 新サイトも見て頂きありがとうございます。
      マイクロって書いてますね。訂正しました。書き間違いです。

      zero口座が手数料が一番安くておすすめで、僕も使っています。
      なので長期的に運用するなら、zero口座がおすすめです。

      スタンダード口座は入金ボーナスがあるので、少額で運用を始めたいならいいかもしれませんが
      スプレッドが比較的広いです。

      • なるほど、zero口座ですね。
        違いがよくわかりました。スタンダードのボーナスも魅力的ですが、スプレッドの狭さも捨てがたいですね。

        ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。