FXの裁量取引で勝つ方法はあるけど僕はやらない理由は時間が欲しいから

金持ちになって仕事やめてぷらぷら生きたいと思っている人や、今の収入にプラス数万円でいいから稼ぎを増やしたいと思っている人の為に、僕がFXの自動売買で稼いでいる方法を紹介するブログです。

裁量取引をするトレーダーになるのはすごく難しい

FXの自動売買を知る前は、僕はFXのトレーダーになろうと思ってました。
FXのトレーダーは、チャートを見ながら自分で売買のタイミングを見計らいます。
これは裁量取引と言われています。

テレビで見かけるFXのトレーダーは、チャートを表示したディスプレイを何枚も見ていますよね?
買い時、売り時を見計らう為にトレーダーはチャート分析をしています。
ロウソク足、移動平均、ボリンジャーバンドなどさまざまな分析手法があります。
分析データを追記したチャートを沢山のディスプレイに表示して見ているのです。

この分析手法を解説した本は世の中に沢山あります。すっごく分厚くて1冊、2〜3千円するようなものがゴロゴロあります。
そして、分厚い本を読むとすごく勉強した気になるんです。

でも、この類の本をどれだけ読んでも、僕はFXで勝てるようにはなりませんでした。

チャート分析の本を読んでも勝てるようにはならない

僕のレベルでは、チャート分析の本を読んでそれを吸収して自分のものにする事はできませんでした。
もちろん、人によっては血と肉にできるかもしれません。

しかし、それは並大抵の人じゃ無理ですね。

そもそも、これらのチャート分析の本には何が書いてあるかというと、
チャートの動きの王道パターンが書いてあります。

ロウソク足が移動平均を上に抜けたら、上昇の勢いが強いって事で買いのチャンスだ!これをゴールデンクロス呼ぶ。
だとか、チャートの山が3つできたら、ヘッド・アンド・ショルダーだとかいろいろあります。

ほとんどの本が、チャートの動きの王道パターンをひたすら紹介しています。

確かに過去のチャートを見ると、王道パターンを見つけることができます。

それと、自分が実際にリアルタイムにチャートを見ている時に、その王道パターンの動きをするか?
と言われるとそれを見極めるのはとても難しいです。

特に僕みたいな少しチャート分析をかじった人間は、チャートの王道パターンを見つけるのが嬉しくて仕方ないです。

「お、もしかしてこれはヘッド・アンド・ショルダーだから、売りのポイントや!」
と自分が知っているパターンらしいものが現れると、少し形がいびつでも、そう信じ込んでしまいます。
色眼鏡で見てしまいます。

自分が見つけたチャートが予言どおりに動くというのは、すごく気持ちいいです。
なぜなら、自分が賢い人間だと自己認識できるからです。
だから、色眼鏡で王道のパターンを見つけたくなるんです。

しかし、実際はそのように無理をして現実のチャートを王道パターンに当てはめた場合は、結果がでない事が多いです。
王道パターンの動きをしそうだったんだけど、結果的に王道パターンにはならなかった。という事はよくあります。

王道パターンに発展しそうな動きが、真の王道パターンになるかどうか見極められるようになるには、難しいです。
これを習得するには相当な努力が必要でしょう。
僕自身もここまで到達できていません。

FXの裁量取引で勝つ方法

FXの裁量取引で勝つ方法は、チャートの動きの中から、精度良く王道パターンを見つける事です。
先程の例では、チャートの形だけで、王道パターンが現れるかどうかを予測しました。しかし、これだけでは精度良く王道パターンを見つけるのは難しいです。

そこでチャートの形だけではなく、どういうトレンドの時に発生しやすいか、その時の出来高はどうだ、というその他の条件を加えて、王道パターンが発生するかどうか見極められるようになればいいのです。
過去のチャートを分析して、「こういう時に、このチャートのパターンが発生する確率は◯割ある」と推測できるレベルにまで突き詰めれば、FXで勝てるようになります。

しかし、並大抵の人がこのレベルまで成長できるかというと、ほとんどの人がなれません。

このレベルに到達するには生半可な取り組みでは、全く手が届かないでしょうし、到達するまで結果は出ないでしょう。
逆にそこに到達する事ができれば、FXを専業にしても安心して食べて行けるのではないでしょうか。

安心して食べていけるというのは、ただお金が稼げるから生活費に困らないという事ではありません。
ちゃんと分析して王道パターンを見つけて取引するので、自信を持って取引できるはずです。
このレベルになると、FXの取引はギャンブルではなくなっています。

何度も言いますが、FXの取引で勝つ方法は、王道パターンを精度良く見つけられるようになる事です。

FXの取引をしていて、これを目指さないといけないという事をわかっている人すらも少ないのではないでしょうか。
そういう人のFX取引はただのギャンブルです。

さんざん偉そうな事を書きましたが、僕自信はこのレベルに到達していません。
この道を極めるのは、雇われの労働者の身分の僕には無理だと思ってやめました。

僕がFXの裁量トレーダーを目指さない理由は時間

FXの裁量トレードで勝つ方法は、先に述べた通りです。では、なぜ僕はそこを目指さないのでしょう。
それは、時間です。
僕は雇われの労働者の身分なので、FXに費やする事ができる時間がそれ程、多く取れません。

FXの相場が活発になる時間帯は、日本の深夜の時間です。だから、雇われの労働者でもFXの取引は副業にぴったり。と言われますが、夜中に起きるのはしんどいですよね。

ゴリラみたいに体力モリモリの人はいいかもしれませんが、僕はそんな体力ありません。
細身で毎日7時間は寝たいタイプの人間です。
だから、FXの裁量取引で勝てるスキルを身に着けても、毎日夜にトレードをするのはしんどいと考えました。

僕が金もちになりたい理由は沢山あります。女の子にモテたい。好きな車に乗りたい。好きなものを買いたい。仕事を辞めたい。などなど、挙げるとキリがありません。

しかし、なんと言っても、時間が大切です。

金持ちになって、自由な時間を手に入れたい。
にもかかわらず、FXで稼ぐ為に夜の時間が無くなってしまうのは本末転倒です。

僕は夜はぐっすり寝たいタイプの人間で、夜の10時になると眠くなります。
そんな僕が、夜更かししてトレードするのは、僕には合わないなと、直感的に思ったのです。

FXの自動売買を始めた理由

FXの裁量取引をするには、夜中にトレードをする事になります。

しかし、僕は体育会とは相反する細身オタクタイプの人間なので、体力がありません。睡眠不足になるとフラフラになってしまいます。

FXで稼げるようにはなりたいんだけど、夜中にトレードするのはしんどいな。
と考えていた時に、FXの自動売買の存在を知りました。

FXの自動売買では、自動売買ソフトを走らせておくだけで、勝手に取引してくれます。
しかもちゃんと稼いでくれます。
おかげて、夜更かしして、チャートをチェックする必要もありません。

僕が購入して使っている「一本勝ち」という自動売買ソフトは4万円で投資をスタートして、現在15万円に増えました。
右肩上がりに資産が増えています。

実際の僕の運用実績は取引履歴のスクリーンショット付きで紹介しています。

【検証】一本勝ちの運用成績を完全公開 MT4のトレード履歴のスクショ付き

2020.01.05

そもそもFXの自動売買って何なの?どうやって始めるの?という人はFXの自動売買で月3万円稼ぐ方法を紹介している記事を参考にして下さい。

まとめ

FXの裁量トレーダーになる事は、なれなくはないけど、すごく大変という事がわかったと思います。

一方で、FXの自動売買は、ソフトをインストールするなどの手間は多少かかりますが、一度設定していまえば、後は勝手に取引をしてくれます。
取引量に応じて、月に数万から何十万円でも稼げるようになります。

実際に稼ぐ方法を知っても実際に行動しない人は、絶対に成功する事はありません。

金持ちになるには行動が必要です。

本気でFXの裁量トレーダーになるか、FXの自動売買を始めましょう。

 

2 件のコメント

  • ゆとりさん、はじめまして。
    ゆとりさんのブログを参考にEAの導入を始めました。ついつい値動きを気にしてしまいますが、
    放置できる&資金管理がしっかりしていれば、とても魅力的なシステムですね。
    早くEAに全てを任せられるレベルに達したいですw

    • はじめまして。
      参考にして頂きありがとうございます。
      僕も値動きは気になりますが、どれだけ稼げているかな?と口座残高を確認するのは楽しいものです。
      1度くらいなら大負けしても大丈夫!というくらいの運用資金が貯まると、安心して運用できますね。
      初めはついつい取引数量を大きくしたくなりますが、ロスカットされてしまっては元も子もありません。
      負けてもまた取引できるくらいの取引数量で堅実に始めるのがおすすめです。

  • あま にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。